Body Coating ー ボディコーティング


当店のボディコーティングは、施工前にお客様のお車のカウンセリングをさせていただいております。お車の使用頻度、保管場所、日頃のお手入れ方法などによりコンディションが異なりますので、お車の塗装面の状態を細かくチェックさせていただき、お客様の愛車に合ったコーティングをセレクトしご提案いたします。
また、コーティング施工後もお客様のお車が1年中輝きをキープ出来る様に、アフターメンテナンスのご案内もさせていただいきます。

ご予算などお客様のご希望に合わせたコーティングメニューをご用意しています
ガラスを塗装する!今までに無いスプレーガン塗装コーティング

Quartz -クォーツガラスコーティング- 【親水】

Quartz -クォーツガラスコーティング- 【親水】「クオーツガラスコーティング」とは?
【パーヒドロポリシラザン】という有機物を一切含まない完全無機溶剤をスプレーコーティングします。
コーティングの際、空気中の水分と化学反応を起こし劣化のない無機質の石英ガラス(SiO2)の膜に変化します。
塗装表面をガラス膜で覆うことにより水が弾かない親水性ボディを形成し、ウォータースポットや水垢、汚れが付きにくくなります。
防汚性を高めるガラス膜は紫外線の劣化がなく、薬品・酸にも強いので圧倒的な耐久力も特徴となっています。
クオーツは各種電子部品にも採用されている高品質のガラスコーティング剤です。
ボディにコーティングすることで親水性を発揮し、汚れ、防錆に威力を発揮します。又、水洗いだけで長期的に効果を持続させます。

シリカ成分の含有量が95%~98% 圧倒的な耐久性

Whelm -ウェルムガラスコーティング- 【超撥水】

Whelm -ウェルムガラスコーティング- 【超撥水】「Whelm -ウェルムガラスコーティング-」 とは?
従来の有機溶剤系ボディコーティングの酸化劣化を防げない難点を克服した、完全無機高分子シリカ被膜を形成するスーパーガラスコーティングです。
高い耐久性により長期間お車に深い光沢を与え続けます。
また他社製ガラスコーティングと比較してもシリカ成分の含有量が95%~98%と違いますので圧倒的な耐久性を誇ります。
ポリマー加工や珪素系フッソコーティングと比べて卓越した硬度と膜圧がありますので傷が付きにくく、いつまでも美しさを保ちます。

ECHLONシリーズ最上位コーティング「究極の超撥水被膜」

ECHELON Zen-Xero -エシュロン ゼンゼロ- 【超撥水】

ECHELON Zen-Xero「ECHELON Zen-Xero」とは?
Zen-Xeroの超撥水の魅力のひとつは“110度”の大きな接触角です。
従来の「撥水」をうたうコーティングの中でも圧倒的な撥水力を誇ります。
ベースにポリシラザンのガラス被膜、トップにデュポン社との協力関係によって新開発された専用のフッ素コート剤を2層施工する事でで超撥水と機能性を両立させています。

親水を越えた、最先端の“疎水性”ガラス系コーティング

G’ZOX ハイドロフィニッシュ 【疎水】

G'ZOX ハイドロフィニッシュ「G’ZOX ハイドロフィニッシュ」とは?
超高硬度(鉛筆硬度9H)のガラス成分に特殊シリコーンを化学結合させることで実現した画期的な疎水性ガラス系コーティング剤です。
汚れ混じりの雨・水がボディをスルスルと流れ落ち、水アカや汚れの固着を防止、塗装面の汚れを流し落とします。

驚異的な撥水耐久性能を発揮するガラス系コーティング

G’ZOX Newリアルガラスコート 【撥水】

G'ZOX Newリアルガラスコー「G’ZOX Newリアルガラスコート」とは?
車の塗装面を驚異的な撥水耐久性能を発揮するガラス系皮膜で覆い、大切なボディを長期間ガード。
密着度・硬度にも優れ、耐候性・防汚性・耐熱性・耐薬品性等の保護性にもズバ抜けた性能を発揮。
さらに息を飲むような艶・光沢で愛車を演出します。

新車ディーラー採用の高品質ペイントシーラント、リーズナブルでありながら本格的な輝きを…

Polymer Coathing -ポリマーコーティング- 【滑水】

Polymer Coathing「Polymer Coathing」とは?
ボディコーティングが初めてという方にもオススメの「ポリマーコーティング」
料金はとてもリーズナブルですが、本格的な輝きを実現する当店のポリマーコーティングは品質十分、安心してご利用頂けます。
※AUTO DETAILING SERVICEではポリマーコーティングは「QMIペイントシーラント」を採用しております。

※当店のボディコーティングは新車コース、LightPolishコース. MiddlePolishコース . HardPolishコースからご予算、ボディコンディションによりお選びいただけます。

※詳しい施工内容、施工価格はお問い合わせください

 

OPTION

ホイールクリーニング/ホイールコーティング

ブレーキダスト、汚れなどの付着防止にボディコーティング施工時に同時施工がお勧めです。 輸入車などブレーキダストなどが付着しお悩みの方も是非ご相談下さい。

※ホイールの状態により価格は異なりますので一度、お問合わせください。

 

単にコーティングをするのでなく、下地処理が一番大事なのはご存知でしょうか?

下地処理どんなに良いコーティング剤を使用しても、コーティング施工前の下地処理をしっかり行うかで仕上がりに差が出てきます。
当店ではボディのコンディションに合わせ、ポリッシュマシン、溶剤等を変更しコーティング性能を最大限に引き出せる状態にした後に、ボディコーティングを施工しています。

「当店の作業手順」

Step-1 カウンセリング・ボディチェック・お預かり

お客様のお車を隅々までチェックし、ベストな施工方法、コーティング剤をご提案いたします。

Step-2 洗車

ボディを洗車するだけでなくホイール内部・キャリパーやタイヤハウスを丁寧に洗います。
この時点で、モールやトランクの隅の泥や汚れを撤去します。

Step-3 鉄粉の除去

専用粘土クリーナーにてボディに付いている鉄粉を除去します。
ここではバンパーの下部まで鏡を使用し、鉄粉や汚れを取ります。

Step-4 マスキング

コンパウンドなどがゴム類に付着しないように防止します。
ゴム類だけでなく、ガラス類やヘッドライト・ホイールにもビニールマスキングを行います。

Step-5 下地処理

コンパウンドにて塗装の下地を整えキズを消し平らな状態にします。
お車のコンディションによりポリッシュマシン、コンパウンド等を使い分け、一番良い方法で下地を作ります。

Step-6 コーティング

コーティング剤により施工方法は違いますが丁寧に仕上げていきます。。

Step-7 仕上げ

コーティング施工後にムラ等が発生していないかを細かなところまで徹底的にチェックします。 またボディコーティング施工のお客様に室内清掃のサービスも行っています。

Step-8 最終ボディチェック・納車

施工したスタッフ以外の者がボディを最終チェックします。
違うスタッフにてチェックすることで見落としを防いでいます。
当店はStep1~8 までの作業を行い、お車を納車いたします。

お問い合わせ
Copyright© 2011 AUTO DETAILING SERVICE All Rights Reserved.